ベラジョンカジノの運営会社はどこの国?ライセンスの安全性は?

ベラジョンカジノの運営会社はどこの国にあるの?運営ライセンスの安全性についても調べてみた

\ここから新規登録するとボーナス$30がもらえる/

ベラジョンカジ(Vera&John)の運営会社についてまとめてみました。

運営会社を変更した理由や運営ライセンス安全性についても解説しています。

1. 運営会社はどこの国にあるの?

ベラジョンカジノ(Vera&John)の運営会社の情報は次のとおりです。

サイト名 ベラジョンカジノ
会社名 Breckenridge Curacao B.V.
(ブリッケンリッジ・キュラソーB.V.)
会社番号 149132
登録住所 36 Julianaplein, Willemstad, Curaçao
会社の種類 有限責任会社

拠点はオランダ領キュラソー島

運営場所はオランダ領キュラソー島にあります。

オランダ領キュラソーは南米のベネズエラ北上にある、カリブ海に浮かぶ小島です。

元々スペインの植民地でしたが、1635年にオランダの植民地となり、その後オランダ王国の構成国の1つになりました。

キュラソーは日本人にはあまり馴染みのない国だと思いますが、カジ旅など多くの大手オンライカジノがキュラソーに運営拠点においています。

かじのん

なんで大手オンライカジノがキュラソー島に拠点をおいているの?
かんたんに言うとオンラインカジノを運営するのに最適な国だからです。それでは詳しく解説していきますね。

キノじい

キュラソーに運営拠点がある理由

ベラジョンカジノ(Vera&John)キュラソーに運営拠点がある理由

多くのオンラインカジノがキュラソー島に拠点を置く理由は主に2つあります。

キュラソーに拠点を置く2つの理由
  1. 税金対策(タックスヘイブン)
  2. キュラソーライセンス

理由その1:税金対策(タックスヘイブン)

ベラジョンカジノ(Vera&John)理由その1:税金対策(タックスヘイブン)

タックスヘイブンは、以前ニュースなどで連日取り上げられていたので知っている方が多いと思います。

タックスヘイブンとは外国企業に対して減税、または税金の免除をする国や地域のことです。(シンガポール、イギリス領のケイマン諸島、バハマなどの国や地域がタックスヘイブンとしてよく知られています。)

つまりタックスヘイブンに拠点を置けば、かなり節税ができる事になります。多くのオンラインカジノがキュラソーに集まるのも納得ですね。

一見すると、ユーザーに関係のない話かと思いますが、実はユーザーにもかなりのメリットがあります。

なぜなら税金が安く抑えられている分、ユーザーに多く還元できるからです。

ベラジョンがお得なキャンペーンやイベントを開催できるのもタックスヘイブンのおかげと言えるでしょう。

かじのん

タックスヘイブンは違法じゃないの?
タックスヘイブンは違法ではありません。
 
リンゴスターやエルトンジョンなど海外の有名人を始め、日本の大企業なども利用していますし、法的には全く異問題ありません。
 
ただし倫理的な問題があるという批判の声もあります。

キノじい

国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が入手した「パンドラ文書」には、タックスヘイブン(租税回避地)の法人を利用する多くの芸能人やスポーツ選手などの名前もあった。政財界の大物や大企業だけでなく、著名人にとってタックスヘイブンは魅力があるようだ。
 
参照元:朝日新聞DIGITAL
https://www.asahi.com/articles/ASPB75WNZPB6UHBI01K.html

理由その2:キュラソーライセンス

ベラジョンカジノ(Vera&John)理由その2:キュラソーライセンス
 
キュラソーのライセンスには次のようなメリットがあります。

  • 決済方法が多い
  • 選べるゲームプロバイダーが多い
決済方法が多い

キュラソーライセンスのメリットは仮想通貨が利用できるという点です。

今、仮想通貨ブームもあってオンラインカジノでも、ビットコインなどで決済する方が多くなってきています。

しかし、以前ベラジョンが取得していたマルタ共和国のライセンスでは、仮想通貨の決済が認められていませんでした。

マルタライセンスは世界で最も信頼性が高いですが、非常に規制がきびしく時代にそぐわない面も多いです。

そのため自由度が高く、(マルタには劣りますが)信頼性も高いキュラソーライセンスを取得するオンラインカジノが増えてきています。

選べるゲームプロバイダーが多い

オンラインカジノには様々なゲームプロバイダーが存在しますが、実は自由に契約できるわけではありません。

ライセンス発行機関から認められたプロバイダー以外は契約できないことになっています。

たとえばカジノ側が流行りのゲームを制作しているプロバイダーと契約したいと思っても、ライセンス発行機関から非承認されると契約できません。

つまりライセンスによってはゲームの種類が非常に限定されることになります。

キュラソーライセンスは比較的規制がゆるい方なので、様々なゲームプロバイダー(ゲーム制作会社)と契約できるというメリットがあります。

ゲームプロバイダーとは?
ゲームプロバイダーとはゲーム制作・配給会社のことです。
 
オンラインカジノで遊べるゲームは、運営会社が作っているわけではありません。
 
運営会社が制作に関与するとイカサマし放題になってしまうので、それを防ぐため独立したゲームプロバイダーが制作しています。運営会社はゲームプロバイダーと提携して、ゲームを配信する権利を購入しています。
 
わかりやすく例えると、NETFLIXのように他社からコンテンツのストリーミング権を購入して、自サイトで配信しているようなイメージです。

2. 運営会社とライセンスの安全性は?

ベラジョンは海外のよくわからない企業が運営しているので不安という方も多いと思います。(実際私も不安でした)

というわけで、ベラジョンの運営会社とライセンスが信頼できるのかどうか解説していきます。

運営はロンドン市場上場企業グループ

ベラジョンカジノ(Vera&John)の運営会社はロンドン証券取引所に上場しているGamesysグループに所属

ベラジョンの運営会社は、ロンドン証券取引所に上場しているGamesysグループに所属しています。

ロンドン証券取引所といえば、アメリカのニューヨーク証券取引所・日本の東京証券取引所と並ぶ、世界三大証券取引所の一つとして有名です。

ロンドン証券取引所は上場審査基準がかなり厳しく、企業の財政状態や経営の健全性などさまざまな基準をクリアしなければ上場できません。

その厳しい審査をクリアしているということは、言うまでもなくトップクラスの信頼性があることは間違いありません。

かじのん

オンラインカジノ事業をやっている企業が上場できるなんて日本では考えられないよね。
日本では反社会的なイメージがあるオンラインカジノですが、実は海外では一般企業と同じ認識をされています。
 
その証拠にオンラインカジノが有名サッカークラブのレアル・マドリードのスポンサーになっていたりします。

キノじい

レアル・マドリードは2007年7月から、オンラインカジノの大手企業であるビーウィンと年間2300万ユーロ(約29億2000万円)の5年契約でスポンサー契約を締結。ビーウィンとは、今シーズン終了後もセカンドパートナーとして契約は続くと伝えられている。
参照元:サッカーキング
https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20130416/104816.html

注意
2020年1月にベラジョンカジノの運営会社はGamesysグループから独立しました。現在はGamesysグループのパートナー企業になっています。
 
※2021年3月にGamesysグループはBally’s Corporationによって買収されました。

ライセンスの安全性

ベラジョンカジノ(Vera&John)Breckenridge Curacao B.Vはキュラソー政府機関から合法的なライセンスを取得
ベラジョンの運営会社であるBreckenridge Curacao B.Vはキュラソー政府機関から合法的なライセンスを取得しています。

ライセンスってなに?

ライセンスとはオンラインカジノを運営するために必要な許可書のようなものです。
 
オンラインカジノ合法国であってもカジノを運営するためには政府機関からのきちんと許可をもらわなくてはなりません。

ライセンスを取得していないカジノは違法カジノですので、利用するだけで処罰されてしまいます。

またイカサマや出金できないなど詐欺行為をしている危険性がありますので、ライセンス未取得のカジノは絶対に利用してはいけません。
 
こちらでライセンス未取得のカジノの危険性について解説しています。
【すぐ分かる】オンラインカジノ運営ライセンスの仕組み!信頼性についても解説【すぐ分かる】オンラインカジノ運営ライセンスの仕組み!信頼性についても解説

キュラソーライセンスの安全性は?

遊雅堂はオランダ領キュラソー政府からライセンスを取得しています
 
ベラジョンカジノが取得しているライセンスは「Curaçao eGaming(キュラソー・eゲーミング)」です。

Curaçao eGamingはキュラソー政府から認定されたサブライセンス発行機関です。1996年からライセンスを発行している実績があります。

信頼性の高さや運営のしやすさから、ミスティーノカジ旅など多くのオンラインカジノがキュラソーライセンスを取得しています。

キュラソーライセンスは、一度取得してしまえば終わりではなく永続的に監査機関による抜き打ち監査が行われます。

公平性のチェック、セキュリティ、サービスの健全性など、運営に問題がないか厳しくチェックされます。

もし不正が発覚した場合、罰金などのペナルティが課せられます。最悪の場合はライセンス取り消しの処分が下されます。

このように常に第三者機関からの監視の目があるので、非常に安全性の高いライセンスと言えます。

かじのん

ライセンス取り消しの処分されるとどうなるの?
ライセンス取り消しになったカジノは信用がなくなるので、ゲームプロバイダーや決済サービスなどと取引できなくなります。

廃業せざるを得なくなるのではないでしょうか。

キノじい

3. 運営会社を一度変更している

2011年から続くベラジョンカジノですが、2020年に運営会社を変更しています。

  • 2011年~2019年:Dumarca Gaming Ltd
  • 2020年~:Breckenridge Curacao B.V

それでは変更の詳細や変更した理由などについて解説していきます。

変更の詳細

ベラジョンカジノ(Vera&John)運営会社を一度変更している
運営会社の変更詳細についてです。

(2011年)Dumarca Gaming Ltd

サイト名 ベラジョンカジノ
運営期間 2011年~2020年
会社名 Dumarca Gaming Ltd
会社番号 C50898
会社設立日 2010年10月15日
登録住所 he Emporium, Level 4, St Louis street Msida, MSD1421 Malta

 
サイトが開設された2011年~2020年までDumarca Gaming Ltdがベラジョンカジノを運営していました。

運営拠点はマルタ共和国

Dumarca Gaming Ltdの運営拠点はマルタ共和国にあります。

マルタ共和国はイタリアのシチリア島の南にある地中海に浮かぶ小島です。

日本では知名度はあまりありませんが、ヨーロッパでは美しい風景や歴史的建造物が楽しめる観光地として有名です。

経済面では金融に力を入れており、税率の低いタックスヘイブンとして有名で多くの外国企業が進出しています。

大手オンラインカジノのラッキーニッキー、ギャンボラ、Casumoなどが運営拠点をおいています。

(2020年)Breckenridge Curacao B.V

サイト名 ベラジョンカジノ
運営期間 2020年~
会社名 Breckenridge Curacao B.V.
(ブリッケンリッジ・キュラソーB.V.)
会社番号 149132
登録住所 36 Julianaplein, Willemstad, Curaçao
会社の種類 有限責任会社

 
2020年からBreckenridge Curacao B.V.がベラジョンカジノを運営しています。

親会社は何度も変更している

ベラジョンカジノ運営の親会社は何度も変更しています。

運営 親会社
2011年 Dumarca Gaming Ltd Dumarca Holdings PLC
2015年 Intertain Group Ltd
(トロント証券取引所上場)
2017年 Jackpotjoy Plc
(ロンドン証券取引所上場)
2019年 Gamesys Group PLC
(ロンドン証券取引所上場)

 
2020年にGamesysグループから独立するまでの間、親会社が3回ほど変更しています。

かじのん

親会社が変わり過ぎじゃない?
海外ではM&Aが盛んに行われるので心配するようなことじゃないですよ。

キノじい

なぜ運営会社を変更した?

ベラジョンカジノ(Vera&John)なぜライセンスと運営会社を変更した?

突然、運営会社を変更したので「業績が悪化して買収された」「出金できなくなるのでは?」など心配する声がありました。

しかし変更した理由はそういったネガティブなことではなく、運営の規模が大きくなったため親会社であるGamesysグループから独立するということでした。

また、新運営会社の「Breckenridge Curacao B.V」は、Gamesysグループ傘下ではなく、最も大きなB2Bパートナーとなります。おかげさまで、日本市場における我々のカジノは成長を続け、ついに親会社から独立できるほどの規模となりました。
 
しかし、独立したあとも、Gamesysグループとはパートナーとして密接に連携し、今まで以上のサービスを提供できるよう務めさせてまいります。
 
参照元:取引先、関係者に向けたメール(2020/01/24)

運営規模が大きくなった理由

運営規模が大きくなった理由は新型コロナにあります。

2018年頃のベラジョンカジノはサイトアクセス数が約65万件程度でした。

しかし新型コロナが騒がれはじめた2020年にはアクセス数が4,983万件にまで跳ね上がりました。たった1年で約77倍も増えたことになります。

これだけ増加したのは緊急事態宣言による巣ごもり需要や、パチンコ・パチスロに行けない層がオンラインカジノに流れてきたことが原因でもあります。

上記調査報道の中では、日本から最多のアクセスを誇る海外カジノサイト「ベラジョンカジノ」へのアクセス数が2018年12月には約65万件だったものが、増減を繰り返しながら2020年11月には4,983万件まで急増しているという衝撃の事実が報じられています。
 
参照元:国内利用者288万人!コロナ禍で日本を蝕むオンラインカジノ業者
https://news.yahoo.co.jp/byline/takashikiso/20210209-00221730

かじのん

最近ベラジョン無料版がテレビやラジオでCMをバンバン流しているから、もっと利用者が増えてそうだね。
 

2021年5月のサイト訪問者数を調べてみましたが8,650万人でした。おそろしいぐらい増えていますね。

キノじい

2021年5月サイト訪問者数
Similarweb.comというアクセス解析ツールを使って、2021年5月ベラジョンのサイト訪問者数を調べています。
 
ベラジョンカジノ月間サイト訪問者数(PV数)

運営変更によるメリット

「運営会社を変更してもユーザーには何もメリットないのでは?」という方がいると思いますが、実はかなりメリットがあります。

運営変更によるメリット
  • サイト表示速度の上昇
  • 日本向けに新機能の搭載
  • 決済サービスの追加
  • ゲームプロバイダーの増加

生まれ変わったベラジョンでは、すでにお楽しみいただいているベラジョンのユニークな機能はそのままに、サイトスピードの向上や、日本のプレイヤー様への機能の搭載が可能になるなど、いいことづくめ!~(略)~
 
お引っ越し後のベラジョンでは、プロが厳選する、新しいゲーム配信会社のゲームが随時追加されちゃいます! 今までよりもさらにバラエティ豊かなゲームセレクションを準備しているので、大船に乗った気持ちでお待ちください♪
参照元:ベラジョンカジノ|プラットフォーム引越のお知らせ

サイト表示速度の上昇

ベラジョンカジノ(Vera&John)サイト表示速度の上昇
 
これについてはあまり実感できませんでした。

以前と変わらずゲーム起動時の読み込みに時間がかかります。

そもそもサイトの表示速度は利用ユーザーの回線環境に依存するので、私の回線の問題が大きかもしれません。

ただ全く途切れなくなったので、安定感がかなり増したと思います。

日本向けに新機能の搭載

日本向けにトーナメントのエントリー機能が追加されました。

以前まではトーナメントに参加したい場合は、わざわざトーナメントページを開いてエントリーしなければなりませんでした。

それが今回からはトップページのゲーム選択画面からそのまま参加できるようになりました。

毎回トーナメントページを開くのが地味に面倒だったのでこれは嬉しいですね。

1

ゲームを選択

トップページでカップマークが付いているゲームを選択します。
ベラジョンカジノ(Vera&John)トーナメントのエントリー機能の使い方

2

エントリーする

参加する場合は「参加します!」をクリックすればエントリー完了です。
ベラジョンカジノ(Vera&John)トーナメントのエントリー機能の使い方

決済サービスの追加

ベラジョンカジノ(Vera&John)決済方法に仮想通貨(ビットコインなど)が追加

決済方法に仮想通貨が追加されました。

利用できる仮想通貨は次の5種類になります。

  • ビットコイン(bitcoin/BTC)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • リップル(ripple/XRP)
  • ライトコイン(Litecoin/LTC)
  • ビットコインキャッシュ(bircash/BCH)

仮想通貨取引所の口座を持っている方は非常にお手軽に入出金できるのでおすすめです。

ビットコインで入出金する方法はこちら
DMMビットコインからベラジョンカジノに入金・出金する方法を図解付きで解説!DMMビットコインからベラジョンカジノに入金・出金する方法を図解付きで解説!

補足
ベラジョンではあくまで入金出金に仮想通貨が利用できるだけであって、仮想通貨のまま賭けられるわけではありません。
 
仮想通貨のまま遊びたい場合はビットカジノを利用しましょう。

ゲームプロバイダーの増加

実は以前の運営会社(ライセンス)は規約がかなり厳しかったので、契約できるゲームプロバイダーが限られていました。

ベラジョンでライブカジノルームが少なかったのも規約の厳しさが原因でした。

しかし運営会社(ライセンス)を変更したことにより、以前では契約できなかったゲームプロバイダーのゲームを配信できるようになりました。

今後さらにゲームの種類が増えていくとの事なので期待が高まりますね。

4. 無料版は運営会社が違う?

テレビやラジオCMでおなじみのベラジョン無料版ですが、実はベラジョンカジノと運営会社が違います。

ベラジョンカジノの運営会社であるBreckenridge Curacao B.Vの関連会社かと思って調べましたが、全くの別会社が運営していました。

無料版と運営会社が違う理由はこちらで解説しています。
ベラジョン無料版と有料版の違いは?評判や運営会社についても調べた結果ベラジョン無料版と有料版の違いは?評判や運営会社についても調べてみた

無料版の運営会社詳細

会社名 Centrix Capital INC
登録住所 15 A Street, Belize City, Belize

 
ベラジョン無料版の運営会社は中央アメリカにあるベリーズ国の最大都市ベリーズシティにあります。

ベリーズは1981年にイギリスから独立した新しい国です。カリブ海に面しており、非常に美しい風景が楽しめるリゾート地として人気があります。

またイギリスの植民地であったことから、中米では唯一英語が通じる国として知られています。

かじのん

なんでベリーズに運営拠点があるの?
ベリーズはタックスヘイブンとしてよく知られていますので税金対策のためだと思われます。

キノじい

5. まとめ

このページではベラジョンカジノ(Vera&John)の運営会社とライセンスについて解説してきました。

運営会社はオランダ領キュラソー島にあり、ロンドン証券取引所に上場しているグループ企業。ライセンスはキュラソー政府が発行する、20年以上の実績があるCuraçao eGaming Licenseです。

運営会社、ライセンスともに非常に信頼性が高いことを理解していただけたと思います。

最近ではベラジョン無料版を開設して、日本でテレビやラジオCMを放映しており認知度が高まってきています。

今後ますます運営規模が広がっていくのではないでしょうか。

信頼性抜群のベラジョンカジノの始め方はこちら
【完全ガイド】ベラジョンカジノ始め方!登録方法や遊び方を解説!【完全ガイド】ベラジョンカジノ始め方!登録方法や遊び方を解説!

まとめ
  • 運営会社はオランダ領キュラソー島にある
  • キュラソーには多くのオンラインカジノの運営拠点がある
  • 運営はロンドン証券取引所上場のグループ企業
  • 政府から運営ライセンスを取得している
  • 運営は一度変更している
  • 無料版と有料版は運営が違う